〜1日15分で勉強効率と定着率を高める実践速読術〜

 
 

行政書士 マイケル小林      行政書士 マイケル小林   

はやる気持ちを抑えて、まずは実践者の声をお聞きください。

「やりがいに変わっていく感じは快感でした」

まずは小林さんの言う速読術を身に付けようと1ヶ月ほど毎日トレーニングを続けてみると、驚いたことにすぐに今までの3倍から5倍のスピードで本を読むことができるようになりました。

その速読の力を勉強に生かそうと、好きだった美容に関する資格を取りたいと思って一念発起。勉強に励みました。

するとわずか1年のうちに日本エステティック協会認定エステティシャン、リフレクソロジスト・ライセンスなど美容に関する資格を複数取得できました。

速読術でどんどん本格的な知識と技術を身につけていくうちに、漠然とした“好き”という感覚が、“やりがい”に変わっていく感覚はほんとに快感でした。

かなっぺさん(34歳女性) 職業・エステティシャン

「手軽に出来るのでありがたいです」

私はSEをしている為、忙しいときなど生活も不規則になりがちでした。

あまりの過酷さに資格をとって転職しようと考えたのですが、その時間さえない状態でした。

しかしある日、ひどく体調を崩してしまい思い切って勉強を始めようとしたときにこのマニュアルと出会いました。

何よりこういった勉強にあまり時間が割けない生活をしていますので、1日15分という手軽さがありがたいです。

これからも続けて、絶対に資格を取ってやろうと思います。

Mさん(30歳男性) 目標資格・税理士

 

 

もし、あなたが

「資格を取って給料を増やしたい・・・」
「資格を取って新しいステージで働きたい」
「資格を取って時間の余裕を手に入れたい」


とお考えであれば、この手紙をじっくりと読み進めて下さい。

この手紙には、資格を取りたいけれど

「勉強する時間がない」
「覚えても覚えてもすぐ忘れてしまう」
「効率のいい勉強法を知りたい」


という、あなたの悩みを解決に導くヒントが書かれています。

どうぞ、しっかりと読み進めて下さい。

あなたの悩みが数分後には解決しているかもしれません。

 

 

 

はじめまして。

「行政書士」のマイケル小林と申します。鼻が高いということだけで
近しい友人からは"マイケル"と呼ばれていますが、正真正銘、純日本人です。

一昨年、残業漬けだった一介の会社員から、
初挑戦の行政書士試験に1発合格し、念願の行政書士として働いています。
(※ ちなみに、年収はサラリーマン時代の4倍強になりました。)

私が仕事をしながらも短時間で、
この試験に合格できるだけの成績を取ることが出来るようになった裏には、
ある「効率的な勉強法」との出会いがあったのです。

 

 

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても簡単です。

「資格を取得したい・・・でも勉強する時間がない・・・」

そう諦めておられる方がとても多いから。

 

そして、そういう方達が一日も早く狙った資格を取得し、
本当に望んでいた世界で活躍されることを
少しでもお手伝いできればと考えたからです。

 

「そうは言っても、仕事が忙しくて時間がないよ・・・。」

 

わかります。以前の私も全く同じ言葉を口にしていましたから。

しかし、ご安心下さい。

そんな私でも今では「行政書士」の資格を取得し、
念願の「行政書士」として毎日充実した日々を送っています。

 

 

そんなことはありません。

 

先程も言いましたように、
私も「時間がない・・・」と悩んでいた一人だったのです。

 

私も以前は普通に会社に勤める営業マンでした。

営業という仕事柄、毎日ノルマに追われ、
容赦ないサービス残業が当たり前になっていました。

そういう風潮の職場であったため、稀にその日の仕事が定時で全て終わったとしても、
上司や先輩営業マン、同僚の手前、一人だけさっさと帰宅できるような雰囲気ではなく、
意味なく、何かをしている振りをしなければならないような状況でした。

家に着くのは11時12時が当たり前。

晩御飯を食べて風呂に入ると、日付も変わり、
一日の内、自由になる時間は1時間くらいが関の山という日々を送っていたのです。

(一人暮らしの上、結婚もしていなければ、彼女もいない状態だったので
  家事も全部自分でしなければいけませんでした・・・)

 

いえ。自慢ではありませんが、
私は名前も知られていないような地方の大学を卒業しています。

もちろん偏差値の低い学校でしたし、
何より、その大学さえ1浪してやっと合格したような有様でした。

在学中も、絶えず留年ギリギリのラインを這っている成績でした。

まさに、一般的な「凡人」です。
(いや、凡人以下でしょうか・・・)

 

でも、そんな私でも、時間の無い中「ある勉強法」を使うことで、
初めて受けた「行政書士」の試験を見事に合格することが出来たのです。

 

 

 

もしあなたが資格を取得するために勉強を始めるとしたら、
どのような方法で勉強をするでしょうか?

おそらく大半の方が

1.  なんとか時間を作り机に向かう

2.  参考書を最初から順番に覚えこんでいく

3.  一通り覚えたら過去問を解く

4.  間違えたところを勉強し直し知識を確かなものにしていく

大体このような手順で勉強を進めるのではないでしょうか。

あなたのその勉強方法・・・実は・・・

 

 

 

 

 

 

というか、それ以外の勉強法などないと言ってもよいのではないでしょうか。

私も今回の資格勉強でも、基本的にはそのやり方で勉強をしていました。

あなたも、高校受験や大学受験、そしてテストのたびに、
この方法で勉強してきているはずです。

そして、この勉強法でその全てをクリアしてきていますよね。

ならば、今回もその勉強法をベースに資格取得を目指しましょう。

 

 

確かに勉強の進め方は今まで通りのオーソドックスな方法でよいのですが、
実は一つだけ問題があるのです。

 

それが「時間」です。

そうなのです。
結局「時間」が何よりもネックになってきます。

 

学生の頃は、時間も環境も勉強をするために十分整えられていて、
私達は勉強だけに没頭していればよいという状態でした。

しかし、社会人となれば話は違います。

何と言っても「資格試験の勉強」だけをしていても生活ができません。

私たちの生活の中心は「仕事」が占めていて、
その他の時間で勉強をすることになるのです。

これでは当然、学生時代に比べて効率が落ちます。

ここを理解せずに、ただ「今まで通り」の勉強方法を実践しようとすると、
なかなか勉強が進まなかったり、思うような結果がついてこないという状況に陥り、
結局、勉強そのものに嫌気が差して断念してしまうということに繋がります。

 

もしかすると、あなたはもうそれを体験してしまっているのかもしれません。

 

ちなみに私も勉強開始1週間で一度目の断念を経験しました。

まず、参考書の「分厚さ」に圧倒され、
読むたびに出てくる専門用語にチクチクとジャブをくらい、
極めつけは1週間経って振り返ると、全然進んでいないページ数と、
その微々たる量すらほぼ覚えていないという現実にトドメをさされてしまいました。

 

では、なぜ私がその状態から「行政書士」を取得するまでになったのか?

それを語るには、私を救ってくれた「ある男性」との出会いを知って頂く必要があります。

その男性は「Yさん」と言います。
(後述する理由からお名前と顔出しがNGになっています。)

彼は長い間、ある有名進学塾の講師をされており、
その経験と独特の理論から導かれる指導法は
「彼に教えられれば必ず成績が上がる」
と評されるほど、優れた学習理論を持っておられます。

私が以前勤めていた会社は、そういった進学塾とも取引を行っていたため、
ひょんなことから、私はYさんと知り合いになる機会があったのです。

と言っても、営業のために訪問した時に挨拶を交わしたり、取引上の会話くらいで、
プライベートな付き合いがあるような関係ではありませんでしたが。

 

そんなある日(一度目の断念をした数日後です)、
その日は休日だったので、私はその進学塾の近くにある大きな書店に
フラフラと参考書を見に行っていました。

今となっては恥ずかしい話ですが、
「勉強が進まないのはあの参考書が自分に合っていないからだ!!」
と責任転嫁をしていたのです。

そして、その書店に入ったところで、突然、Yさんに声を掛けられたのです。

Yさん : よっ、こんにちは。今日は休み?

  私   : (振り向いて)あっ、こんにちは。
      そうなんですよ。たまの休みって感じですね。


Yさん : いいなぁ。僕はもうちょっとしたらまた授業だよ。

  私   : ご苦労様です。結構遅い昼ご飯ですね。もう14時ですよ。

Yさん : ちょっとやることがあってね
      やっとお腹もふくれたから、何かおもしろい本でもないかと思って来てみたんだけど。

      ・・・そういや小林君はなんでここに?


  私   : え、と、ちょっと参考書を見に・・・。
      (急に話を振られたので、思わず答えてしまいました)


Yさん : 参考書?何の?

  私   : あ、しまった!口が滑りました・・・(笑)
      う〜ん。会社には内緒にしといて下さいね。

       ・・・実は行政書士の資格を取ろうと思ってるんです。


Yさん : あはは。内緒にしとくよ。
      そうか〜。行政書士受けるのか。
      で、どう?勉強はかどってる?


  私   : 正直苦戦中なんです。
      時間がなくてなかなか覚えられないんですよ。


Yさん : そうか〜。どうやって勉強してる?

  私   : どうと言われても・・・。
      いたって普通ですよ。
      こうしてこうして・・・・・・・(自分の勉強法を説明)


Yさん : なるほど。いたって普通だ(笑)。
      でも、社会人でその方法じゃ、かなり効率悪いね。


  私   : やっぱり・・・。
      そうなんですよ・・・。
      なんかいい方法ないですか?(泣)


Yさん : じゃあ、ちょっとした勉強の秘訣を教えてあげようか?
      今日・・・はもう授業だから、今度小林君がうちに営業に来るまでに
      内容をまとめてプリントしとくよ。


  私   : 本当ですか!?ありがとうございます!!

Yさん : 代わりに、受かったらなんかおごってね(笑)

この偶然の出会いから私の人生は一変したといっても過言ではありません。

 

その数日後、私が営業でその進学塾を訪れた時に、 約束どおりYさんは、
後に私の宝物になる数枚のプリントをこっそりと渡してくれたのです。

その日、家に飛んで帰って(もちろんきっちりと残業はありましたが・・・)
早速そのプリントを貪るように読みました。

そこに書かれた内容はシンプルで、
正直「こんな簡単で大丈夫かな・・・」とも思いましたが、
もうこの方法に頼るしかないと考え、その日から実践していったのです。

 

結果は、現在の私を見ていただければわかってもらえるのではないでしょうか。

その年の「行政書士」の試験に見事合格し、念願の転職をすることができたのです。

 

その後、私はその会社を辞めましたが、
Yさんとはプライベートな関係を続けさせてもらっています。
(もちろん今も頭があがりません)

 

 

ある時、Yさんに
「私のように勉強法で悩んでいる社会人の方の為に、この方法を公開してあげませんか?」
と訴えたことがあります。

その時のYさんの答えは
「う〜ん。してあげたいけど、そいつはちとまずいわ。
あの勉強法は塾の学習ノウハウをちょっと使ってるからね〜。
仮にもそこで働いている僕がそれをばらしちゃうのはまずいでしょ・・・。」

というものでした。

 

確かにその通りです。

公開した結果、Yさんに迷惑が掛かってしまっては元も子もありません。

私もそう考え、一旦は引き下がったのですが、
日に日に思いは大きくなっていったのです。

 

「資格が取りたくても、昔の私のように勉強法に躓き、
  諦めてしまっている人がまだまだいるはず・・・。」

「その人達にこんなに素晴らしい勉強法を教えてあげることができたら・・・。」

 

私はいてもたってもいられなくなり、もう一度Yさんに条件付きで申し出てみたのです。

その条件とは
・Yさんの名前・顔は絶対に伏せる
・不特定多数に公開するのではなく、本当に悩んでいる人に限定して公開する

ということでした。

 

あの手この手で口説き落とすこと1時間、
「そこまで言ってくれるなら・・・。」
と、とうとうYさんの了解を得ることができました。

 

この勉強法が世の中の悩めるビジネスマンのために発信されること、
そして、こうしてあなたにこの手紙が届いていることを本当に嬉しく思います。

 

 

前述のような
「時間があまり取れないけれど、勉強をしなくてはいけない」
という状況に陥った時、多くの方が犯してしまう間違いが

 

「睡眠時間を削ってでも勉強する」

ということです。

 

しかし、睡魔と闘いながらの勉強で効果を上げることができますか?

むしろ、体調を崩したり、日中ボーっとしてしまったりして、
肝心の翌日の仕事にも悪影響を及ぼしかねません。

 

それでも、身体に鞭打って勉強をしますか?

「でも、資格試験に合格するためにはこれくらい当たり前だから・・・」
「合格者の平均勉強時間は○○○時間だから、一日○時間はやらなくては・・・」

そんな表面上の数字に惑わされないで下さい。

 

もちろん、あなたが働かなくても生活できる状態にあり、
たっぷりと勉強に時間を使うことができるのならば、
その数字に従っても問題はありません。

 

しかし、この手紙を読んでおられるということは、
あなたもきっと日々時間に追われているビジネスマンなのでしょう。

そんなあなたに必要なものは、

「誰よりも長く勉強をすれば合格できる」
「一日10時間勉強をすれば合格できる」


といった当たり前の理屈ではないのです。

 

 

今、あなたに必要なのは、
なのです。

 

どんなに努力したとしても、人間に与えられた時間は1日24時間しかありません。
(社会人が実際に勉強に使える時間となると多くても数時間です)

また、ある程度の年齢になってから、
脳みその性能を劇的に変えることも難しいでしょう。

ならば、どうすればよいのでしょうか?

答えは



を知ることです。

 

想像してみて下さい。

それこそが、忙しいビジネスマンにとって最高の勉強法だとは思いませんか?

 

 

「でも、そんな都合のいい話があるの?」

あります。

そして、その勉強方法に必要なものが「速読術」なのです。

 

「速読〜?なんか怪しいなぁ・・・」

もしかするとあなたはそう思われているかもしれません。

確かに、世に出回っている「速読術」はピンからキリまであり、
中にはかなり胡散臭い理論や超能力のようなことを語った、
限りなくインチキに近いものも存在します。

しかし、本来「速読術」とはしっかりとした理論に裏づけされた「技術」であり 、
トレーニングによって、誰でも身に付けることができるものです。

 

ご存知でしょうか?

実は、現在の読書速度を数倍の速さに高めることであれば、
1日15分間だけ「あるトレーニング」を行っていくことで十分に可能なことを。

さらに、資格試験の勉強に応用するには十分な
「実用レベルの速読術」であれば、
意外と短期間のトレーニングで身につけることができるのです。


多少個人差がありますが、神業のようなレベルの速読を望まないのであれば、
約1ヶ月〜2ヶ月間ではっきりとした違いが現れてきます。

つまりあなたは、1〜2ヶ月後にはその「速読術」を使って、
今までの何倍もの速度で参考書を進めることができるのです。

 

 ここで注意点があります。

あなたは参考書をただ読むだけで、その内容を全て覚えることができますか?

おそらく無理ではないでしょうか。

これは「速読術」を用いて読んだ場合でも同じで、
ただ片っ端から参考書を読破していくだけではなかなか知識が身に付きません。

 

「えっ!?じゃあ速読術なんて意味ないじゃん・・・」

 

いえいえ。そんなことはありません。

身につけた「速読術」はただ「読む」ために使うのではなく、
あるタイミング・ある方法で使うことで、
あなたの記憶効率と定着率を高めることができるのです。

 

つまり、これから私がお伝えする勉強法は、

たった2つの手順で、勉強効率と定着率を高める効果をもたらすことができます。

 

確かに、この「実践速読術」では、
多くの方が「速読術」に持っているイメージのように、
本をパラパラ漫画のようにめくっただけで、
その内容を全て読むといったことは不可能です。

(もしかすると何年、何十年というトレーニングを積むことで
  それに近いことは出来るようになるのかもしれませんが・・・)

 

しかし、あなたの目的は、一冊の本(参考書など)を数分で読むことではなく、
「今年、資格試験に合格すること」ですよね。

今年の資格試験のための勉強法を身につけるために「何年」もかかる・・・
それでは、意味がわかりません。

しかし、この矛盾は勉強に「速読術」や「記憶術」を利用しようと考えている人が、
意外と嵌ってしまう落とし穴なのです。

途中で目的が入れ替わってしまい、
資格試験の勉強そっちのけで「速読術」や「記憶術」を身につけることに
躍起になってしまっている方は少なくありません。

この「1日15分で勉強効率と定着率を高める実践速読術」では、
あなたがそんな落とし穴に嵌らないよう、
また本来の「今年、資格試験に合格すること」という目標を達成して頂けるように、
無駄なく実践できる内容になっています。

 

このマニュアルの内容の一部をご紹介すると・・・

一冊を数分間で読み終えてしまうような「速読術」を身に付けるためには、
何年という単位のトレーニングが必要です。

しかし、実用的な速読の速度としてそのスピードは必要ありません。

スピードと理解力、トレーニング期間のバランスが最も優れた
「実践速読術」のレベルがあります。

 

普段無意識の内にしてしまっている○○が、読書速度を遅くする要因です。

反対に、この○○を意識するだけで、あなたの読書速度は格段に速くなります。

 

スポーツにおいて、最も基本的で最も重要なトレーニング「走り込み」。

速読にもその「走り込み」に当たるトレーニングが存在します。

一日5分間で出来るその重要トレーニングをお伝えします。

 

速読はただ速く読めるようになるだけではなく、
疲れずに読めることも大きなメリットの一つです。

その2つを同時に得るための「速読法」があります。

 

速読のトレーニングを始めると、どうしても陥ってしまうポイントがあります。

そのポイントと攻略法をお伝えします。

 

もしかすると、あなたはこれをせずに資格の勉強を始めてしまっていませんか?

これをせずに勉強を始めることは、
ゴールを知らずにマラソンを始めるようなもの。

その「あること」は小学生でも解説どおり行えば出来ることです。

 

これを行えばあなたの勉強は、
答えのわかっている「ジグソーパズル」のように、
スイスイと頭の中で整理されていくでしょう。

後々大きな差に繋がるその方法をお伝えします。

 

あなたは「バシリスク」をご存知ですか?

実は、あの生物に記憶定着の「奥義」とも言える能力が存在しているのです。

その理由と、効率の良い記憶定着勉強法を知ってください。

 

必死で知識を詰め込もうとしても、
肝心の脳がそれを溜め込む状態でなければ効率はあがりません。

ある簡単な方法で、脳を記憶モードに切り替えることができます。

 

速読のトレーニングは最初目の疲れを感じることがあります。

また、普段の生活の中でも、目に疲労を感じた時にこのマッサージを行ってください。

短時間で目の疲れを取り、スッキリとさせることができます。

このマニュアルを実践すればあなたは

私はこの勉強法で資格を取り、専門職へと転職をすることで、
時間的にも金銭的にも以前とは比べ物にならないほど
充実した毎日を送ることが出来ています。

 

あなたは資格を取得することで、どんな未来を目指しますか?

その輝かしい未来をあなた自身の手で掴んでみませんか?

このマニュアルは、あなたがその未来を掴むための大きな力になってくれるはずです。

 

 あなたに一つだけお約束して頂きたいのです。

 

このマニュアルを購入したら、必ず実践して下さい。

いかに優れた方法だったとしても、あなた本人が行動を起こさなければ、
その効果が現れることはありません。

ここまで、この長い手紙を読んで頂いているあなたなら大丈夫だとは思うのですが
稀に、自分で何の行動も起こさず不平不満ばかりを口にする人がいます。

私にはこの「一日15分で勉強効率と定着率を高める実践速読法」を公開するにあたり
Yさんとの間に交わした約束を遵守する義務があります。

ですので、失礼を承知で言わせて頂くならば、
そのような本気ではない方にこのマニュアルを手にして欲しくはないのです!!

 

・・・すみません。ついつい熱くなってしまいました。

もちろん、あなたはそんな方ではないと思いますので、これは私の杞憂でしょうが。

 

私は、このマニュアルの価格として、
当初は20,000円以上が妥当ではないかと考えていました。

Yさんの勤めておられる進学塾の1ヶ月の月謝が
平均週2回の授業で20,000円〜ですので、
それ以上の価値は十分にあると判断したのです。

しかし、あなたは私との「必ず実践する」という約束をして頂けました。

ならば、私も相応の誠意を見せる必要があります。

ですので、このマニュアルの価格は
当初の予定の半額の9,800円でお譲りしようと思います。

この価格ならば、あなたの負担になることなく
この「1日15分で勉強効率と定着率を高める実践速読術」
手にして頂けるのではないかと考えています。

 

しかし、何度も言っているように、この勉強法
あまり多くの数をお渡しできるものではありません。

もし、Yさんに何らかの迷惑が掛かってしまいそうになれば、
このマニュアルの販売を停止又は中止せざるをえません。

もしも、あなたがこのマニュアルに魅力を感じられたのであれば
なるべく早めのご決断をオススメします。

 

お支払い決済方法は、クレジットカード決済、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCashの
  いずれかからお好きな方法を選択していただけます。
いずれの決済方法を選択された場合でも、送信される情報は全てSSL通信により暗号化されています。
送信された情報は保護されていますので、ご安心してご購入いただけます。

ご注文はこちらをクリック

 

このマニュアルには効果実感保障をお付けします





そんなことはないと思いますが、もしも効果がなかった場合には
あなたからマニュアル料をいただくわけにはいきません。

ですので、不安なくこの「実践速読術」をお試しいただけるよう
返金保証をお付けします。

もし、「速読」のスキルが上がらなかったら、
また、「勉強効率」が上がったと感じることが出来なければ、
このマニュアルの費用を全額返金したいと思います。

購入から半年以内に60日間真剣に
このマニュアルを実践していただいても、
全く効果がなかったと判断された場合は、一言私にメールを下さい。

あなたからお預かりしているマニュアル代金を
15日以内にご指定口座にお振込みいたします。


このようなお約束ができるほど、
この「実践速読術」の効果には自信があるのです。



マイケル小林


ご注文はこちらをクリック



※当サイトは、各社の検索結果に掲載されているサイトです。


あなたのご質問にお答えします。

 

クエスチョン

忙しくてあまり時間がないのですが大丈夫ですか?

アンサー

このマニュアルは忙しい方のために作られたものです。
基本的には一日15分のトレーニングをやって頂き、
実用的な速読術を身につけていただくことになりますので、
それほど負担なく行って頂けるはずです。

クエスチョン

このマニュアルで本当に勉強効率が上がりますか?

アンサー

もちろん多少の個人差はあると思います。
100%の人が勉強効率が○倍になるという保証は
残念ながらできません。
しかし、実際に私を含めこのマニュアルを手にした方々が
次々と効果を実感していますので、効果は折り紙つきです。
さらに、万が一の返金保障もご用意しましたので、
まずは一度お試し下さい。

クエスチョン

今回が初受験となります。
これまで特に勉強法にこだわってきたことはないのですが、
初心者でも大丈夫ですか?

アンサー

問題ありません。むしろ、そういった方の方が、ちょっとしたトレーニングで効果を実感出来る事が多々あります。
決して、身体に悪いことではありませんし、どなたでも実践して頂ける様に配慮した内容ですので、ご安心下さい。

クエスチョン

年齢制限はありますか?

アンサー

特にありません。
最近では景気の後退により
年配の方の資格試験受験者も増えておられるようです。
このマニュアルの勉強方法は年齢に関係なく、
ちょっとしたトレーニングとコツで勉強効率を高める方法です。

クエスチョン

家族にバレたくないんですが・・・。

アンサー

基本的にはマニュアルをダウンロードして頂き、
ご本人のPCにて閲覧して頂くという形をとっていますので、
ばれる心配はほぼないと思われます。
また、冊子版をご注文頂きましても、
絶対にばれないように「商品名」や「送り主」の欄には
工夫をしておりますのでご安心下さい。

クエスチョン

このマニュアル購入後に怪しい勧誘などありませんか?

アンサー

ありません。
ですので、実際に勉強に使われる参考書や問題集は
ご自身で用意して頂くことになります。

 
 
 


喜びの声

 

「参考書が終わりました」

あんなに苦労して、なかなか進まなかった500P超の参考書があっさりと終わりました。

まだまだ知識として完全に定着してないかもしれませんが、何度も速読することで長期記憶として焼き付けていきたいと思います。

これからも小林さんの速読術を使ってどんどん覚えていきます。

山田さん(32歳男性) 目標資格・行政書士

「やりがいに変わっていく感じは快感でした」

まずは小林さんの言う速読術を身に付けようと1ヶ月ほど毎日トレーニングを続けてみると、驚いたことにすぐに今までの3倍から5倍のスピードで本を読むことができるようになりました。

その速読の力を勉強に生かそうと、好きだった美容に関する資格を取りたいと思って一念発起。勉強に励みました。

するとわずか1年のうちに日本エステティック協会認定エステティシャン、リフレクソロジスト・ライセンスなど美容に関する資格を複数取得できました。

速読術でどんどん本格的な知識と技術を身につけていくうちに、漠然とした“好き”という感覚が、“やりがい”に変わっていく感覚はほんとに快感でした。

かなっぺさん(34歳女性) 職業・エステティシャン

「すばらしい!!」

はじめにマニュアルを読んだ時は
「これじゃ簡単過ぎるだろう」と思ったのですが、試していく内にどんどん読むのが速くなって効率の良い勉強が出来ていることを実感しています。

このマニュアルを知らないころの勉強はなんだったんだ・・・と思ってしまいます。今からでも決して遅くないので、資格取得に向け、勉強に励みたいと思います。

神奈川県のTさん(29歳男性) 目標資格・宅建

「手軽に出来るのでありがたいです」

私はSEをしている為、忙しいときなど生活も不規則になりがちでした。

あまりの過酷さに資格をとって転職しようと考えたのですが、その時間さえない状態でした。

しかしある日、ひどく体調を崩してしまい思い切って勉強を始めようとしたときにこのマニュアルと出会いました。

何よりこういった勉強にあまり時間が割けない生活をしていますので、1日15分という手軽さがありがたいです。

これからも続けて、絶対に資格を取ってやろうと思います。

Mさん(30歳男性) 目標資格・税理士

「思った以上の効果でびっくりです」

購入前に小林さんに「大学受験にも使えますか」と聞いてみると、
「もちろんです」という答えが返ってきたので思い切って購入しました。

マニュアル実践後から徐々に模擬試験の成績が上がってきて、その効果を実感することが出来ました。大学受験まであと少しになりましたが、これからも速読術で頑張っていこうと思います。

(この方から後日「第一志望の大学に合格できた」という嬉しい報告を受けることが出来ました。)

有吉さん(10代男性) 某一流国立大学合格

「ありがとうございます」

同僚が次々とリストラされていく中(私は今のところ何とか大丈夫です)危機感を覚え、何か武器となるような資格を取得することを考えたのですが、なにぶん何年という単位で「勉強」というものから離れていたため、どうにも要領がつかめず悩んでおりました。

小林さんのHPにたどり着いたのは偶然ですが、出会えて本当に良かったと思います。まだ、合格はしていませんが、この方法でコツコツと勉強を続けていこうと思っています。

川本幸一さん(53歳男性) 目標資格・中小企業診断士

有難いことに、実践者の方々の喜びの声を続々といただいております。
機会を見て随時公開させていただきます。


最後に


後までこの手紙を読んで頂きありがとうございました。

 

正しい勉強方法を知っているのと知らないのとでは、
あなたのこれからの人生が大きく変わってくる、と言っても過言ではありません。

一番大切なことは、なるべく早く正しい知識を知ることです。

間違った知識を元にいくら努力しても我慢しても、
効果が思うように出ないばかりか
モチベーションを保てず、試験そのものを断念してしまうこともあるでしょう。

 

しかし、身も蓋もない言い方をしてしまえば、
資格は別になくてもいいものです。

資格がなくても出来る仕事は
世の中にたくさんあります。

実際、資格を持たずに活躍し、逆に大成功を
手にしておられる方は世の中に大勢います。

 

「でも、どうしてもあの仕事がしたい!!」

あなたもかつての私と同じように、そう考え
この手紙に辿り着いたのではないでしょうか。

 

 

もしも、あなたがそう決意を固め、それでも勉強法に悩んでおられるのであれば、、
私は共に勉強に苦しんだ仲間として、全力であなたをサポート致します。

 


マイケル小林

ご注文はこちらをクリック



※当サイトは、各社の検索結果に掲載されているサイトです。

 

追伸

半年間の効果実感保障を忘れないでください。

あなたがいくらこのマニュアルに魅力を感じたとしても、
実践する前、申し込む前には必ず不安があるはずです。

その不安を少しでも取り除くために、
この効果実感保障が存在しているのですから、必ず覚えておいてください。

万が一、マニュアルの効果が全くなかったと感じたなら、
遠慮せずに返金を申し出て下さいね。

>>マニュアルのお申し込みはこちらをクリックしてください<<

 

追伸2

もしかすると、あなたはまだ迷われているかも知れません。

「今すぐ買いなさい!」
「どうしても買ってください!」
と私はあなたに強制もしませんしお願いもしません。

迷われているのであれば、今は購入をお控え下さい。

悩みながら、迷いながらでは、どんな方法も効果が半減してしまいます。

もし、まだ決心が付いていないのであれば、あなたが仕事に、勉強に悩み、
苦しんでしまった時に、もう一度この手紙を思い出して下さい。

私はいつでもあなたの参加をお待ちしております。

>>マニュアルのお申し込みはこちらをクリックしてください<<

 

マイケル小林   


 
「安心のしるし」JIEAとは?
「悪い商材は買わない、売らない、作らない」をモットーとした任意団体です。


最近は、販売者モラルやお客様に対するフォローなどに欠け、
粗悪な情報まで販売する者も一部で増加しております。
一部の悪質な販売者やアフィリエイターによって情報販売市場が、
世間から認知されぬ事がないように、 「情報販売市場の健全化」と「消費者保護」を
目的に設立されたのが、日本インターネットアントレプレナー協会(JIEA)です。

JIEAでは、販売者の存在を保証します。
特定商取引の表示に記載している連絡先に連絡がつかないなど、
不安やトラブルが多いこの現在、この販売者が本当に存在するのか、
協会が販売者から身分証明書など必要書類など必要書類を郵送で受け取り、
存在を確認し証明できる機関になります。

 

マニュアルお申し込み 特定商取引法に基づく表記 個人情報保護方針